MENU

三島市を中心に静岡県東部の外壁塗装・屋根塗装専門店 塗替え情報館|外壁塗装・屋根塗装のことならお任せ

お電話ください!! 8:00~20:00(年中無休)

0120-67-3355

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > シーリングは打ち替え?それとも増し打ち?

シーリングは打ち替え?それとも増し打ち?

現場日記

2020.06.15 (Mon) 更新

 皆さん、こんにちは。三島市・沼津市・富士市・清水町の外壁塗装専門店・塗替え情報館です。

 ほぼ全国的に梅雨入りになりました。憂鬱な雨の日が続くと、体調も不安になりますね。

 そんな雨に対する防水に欠かせないのはシーリング工事です。しかし、シーリング工事における質問の中で多いのは、「打ち替えと増し打ちと分かれているのはなぜ?」という質問です。

 今回は、その疑問点を探っていこうと思います。

 

1.基本的なシーリング工事の方法

 施工方法は、「打ち替え」と「増し打ち」に分かれます。

①既存のシーリング材の撤去(増し打ち時は撤去なし)

②専用プライマーの塗布

③シーリング材の打ち込み 

④シーリング材の均し

の順に施工していきます。(もちろん養生やバックアップ剤の投入などが必要になります。)施工する場所によってプライマーが違ったり、打ち込みにはコーキングガンと呼ばれる道具が必要だったりします。

 

2.打ち替えと増し打ちの違い

 シーリングの本来の目的は、水が侵入しないように防ぐ役割があります。例えば、サイディングボードのつなぎ目(目地)にシーリングが施してありますが、その目地から水が侵入して、ボード自体の劣化を防いだり、(透湿防水シートはあるものの、)構造用合板を自ら守ったりする役目がシーリングです。

 では、防水を確実なものにするためのシーリングの要素とは何なのでしょうか?それは、シーリング材の厚みが最も必要になります。

 サイディングボードの目地に施工してあるシーリングは、サイディングボードの動きに対して追従します。その動きに対して、厚みのないシーリング施工だと、切れたり、剥がれたりしてしまいます。つまり、肝は厚みであることがわかります。

 ここまでくれば、賢い皆様ならばおわかりでしょう。打ち替えと増し打ちの違いは何なのか・・・。それは、施工時に厚みが取れる(撤去ができない、撤去が難しい、する意味がない)と増し打ち、それ以外は打ち替えになります。

 

3.増し打ちの例

 ①胴差上端のシーリング

 1階と2階のサイディングボードが違うお宅に多いのが胴差です。胴差は、1階と2階のサイディングボードの目地を隠し、その目地から水が入らないようにするため、上端にはシーリングを施工するのが基本です。(デザインで胴差を設置してあるお宅は、この限りではありません。)

 新築時に施工してあるシーリングを撤去しなくても、十分に厚みが取れる施工が可能なので、既存のシーリング材の上から増し打ちを行います。

 ②窓サッシ廻りで撤去が困難な場合

 直角入隅のような形で窓サッシが設置してある場合、その周囲のシーリング材はカッターを差し込んできれいに取り除くことができます。しかし、カッターを入れてもきれいに取り除くことができない場合は、サッシ廻りは厚みを取ることが可能なので、増し打ちにして施工します。

 ③ALCボードの目地

 ALCボードの目地は、奥細になっているため撤去が非常に難しい目地になります。(撤去ができないわけではありません。)そのため、既存目地のシーリングが痩せている場合--つまり、シーリング材に十分な厚みを持たせられる場合--は、増し打ちで施工します。ALCボードの塗替えを御希望の方の多くは、目地を増し打ちでシーリング施工をします。

 

 

 いかがでしょうか?

 シーリング工事において、疑問が多い方も中にはいらっしゃると思います。正しい知識を持つことで、なぜこれはこのシーリング材でこの施工方法なのかがわかってくると思います。

 これらの知識もあり、かつお客様皆様に丁寧な説明をモットーとしている塗替え情報館ならば、疑問は解消するはずです。是非ともご用命をお願いいたします!

 

~塗替え情報館~

本店➿0120-946-090

駿東郡清水町堂庭209-5

富士店➿0120-67-3355

富士市荒田島町1-5

★外壁塗装工事なら・塗替え情報館へ★
【電話】0120-946-090
【メール】こちらからお問い合わせください
【営業時間】8:00~20:00(メールは24時間受付ております)
【対応エリア】三島市・沼津市・富士市・清水町
※外壁塗装・屋根塗装・雨樋・雨漏り・サイディングなどでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください!

外壁塗装・屋根塗装専門店 塗替え情報館へようこそ

塗替え情報館

代表取締役 渡邉 則幸
NORIYUKI WATANABE

初めまして。こんにちは。塗替え情報館代表の渡邉則幸と申します。

この度は、弊社塗替え情報館の外壁塗装&雨漏り専門ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます!

弊社のホームページをご覧になっているという事は、外壁塗装や屋根塗装、雨漏りの補修を考えていらっしゃる事と思います。 お客様とお話しする中で、「長持ちする最高の塗料を、少ないお金で、短い工期で外壁塗装・屋根塗装・雨漏り補修をすぐさま終わらせたい」というお考えをお持ちの方がいらっしゃいます。

しかしながら、相場以上に安い価格の見積りを出す会社は、塗料メーカーが指定している以上に塗料を薄めて使用したり、3度塗りで強固な膜厚を作らなければいけないところを2度塗り・ 1度塗りにして工程を省いたり、理由なくとにかく早く終わらせようとする等、初めから手抜き工事ありきの考え方で見積りを作成します。 だから安くできるのです。

お客様がせっかく良い塗料を選んだとしても、まずその塗料がきちんと使われていなければ意味がありませんし、その塗料の性能を100%引き出せない塗装工事の事が分かっていない会社では、良い塗料を選んだ意味がありません。

そのため、良い外壁塗装会社えらびの条件は、お客様にとって納得できる適正価格で、高品質の塗装を長年築き上げた経験・知識をもって提供し、 さらにサービスや対応も良い礼儀正しい会社だと私は考えています。

このページをぜひお読みいただき、ぜひとも成功する外壁塗装工事を実現し、家族の幸せを実現して下さい!

来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-67-3355 受付 8:00~20:00(年中無休)

お問い合わせフォーム

塗替え情報館 静岡県三島市を中心に静岡県東部の 外壁塗装・屋根塗装専門店
塗替え情報館 清水町本店

〒411-0903
静岡県駿東郡清水町堂庭209-5
TEL:0120-946-090
TEL:055-955-8488
FAX:055-955-8883

塗替え情報館 富士店

〒417-0043
静岡県富士市荒田島町1-5
TEL:0120-67-3355
TEL:0545-67-3355
FAX:0545-67-3377

塗替え情報館 興津店

〒424-0204
静岡県清水区興津中町1110-1【2階】
TEL:0800-200-2320
TEL:054-340-3221
FAX:054-340-3313